日別アーカイブ: 2017年5月14日

サントリーオールドウイスキー (SUNTORY OLD WHISKY)

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ようこそ、いらっしゃい!どうも~!ゆっくり最後まで楽しんで下さい!ヨロシクゥ!

富山県高岡市福岡町の理容室ヘアーファクトリーE’店主です。



自分自身の備忘録としてウイスキー飲んでみました日記を付けています♪



ウイスキーは「チビチビ飲む用」と「ガバガバ飲む用」と分けております。

サントリーオールドウイスキー(SUNTORY OLD WHISKY)

サントリーオールドウイスキー  SUNTORY OLD WHISKY

角瓶と並びサントリーの代表的な銘柄のウイスキー。

その瓶の形状から、ダルマやタヌキなどの愛称がつけられている。

口に含んだ瞬間、甘みが広がり

喉を通る時に少し辛味が残る一粒で二度美味しいウイスキーでした!



寿屋(のちのサントリー、現・サントリー酒類)の創業者、鳥井信治郎は、

大阪と京都の県境に近い、山崎にて1923年から国産ウイスキー事業を開始する。

のちにニッカウヰスキーを創業することになる竹鶴政孝を招き、

1929年に白札(現在のサントリーホワイト)や、

赤札(現在のサントリーレッド)などを発売するも、

当時の消費者からの反応は今ひとつという状況が続く。

のちに竹鶴の退社を経て、これまでに鳥井が自身で得た経験、

さらに長男・鳥井吉太郎の手によってつくられた

「サントリーウイスキー12年」(現在のサントリー角瓶)を発売すると、

スモーキーで熟成を極めた味が世間に評価され、遂に成功をつかむ。

国産ウイスキー事業を定着させるべく試行錯誤してきた鳥井の努力が実ることとなった。

そして1940年に、山崎蒸溜所においてサントリーオールドは誕生する。

しかし誕生した当時、日本は戦時下で販売は許されず

(この間に「新・サントリーウヰスキー誕生」のアナウンスが為されたのみで、

間もなくして日本は第二次世界大戦へと突入してゆく)、

その間鳥井は当時の日本海軍の取り計らいで

手に入れた麦をもとに軍用ウイスキーを製造し続けることになる。

やがて日本は敗戦したが、山崎蒸溜所は戦災に遭うこともなく、

ウイスキーの生産を続けるに至った。




今日も読んだよ!って事でポチッとお願い致します。
人気ブログランキングへ



富山県高岡市福岡町の理容室 ヘアーファクトリーE’

メンズカットは当店でどうぞ!!
〒939-0132 富山県高岡市福岡町大滝897-1
ヘアーファクトリーE’(イー・ダッシュ)
CALL 0766-64-6830 (Rock★YAZAWA)
ホームページ:http://www.e-dash.net/
メンズヘアースタイル一覧:http://www.e-dash.net/search/hairstyle.cgi
公式Facebookページ:http://www.facebook.com/E.dash.net
公式twitter:https://twitter.com/e_dash_net
公式Instagram:https://instagram.com/e_dash_net/
理美容研究団体STFグループ:http://www.toyama-stf.org/
店主ブログ2014年7月~現在:http://tenya-oneya.com/weblog-2014/
店主ブログ2007年1月~2014年6月:http://tenya-oneya.com/weblog-2007/index.php/
店主ブログ2005年11月~2007年2月:http://www.e-dash.net/weblog/index.cgi
店主ブログ2004年9月~2006年7月:http://www.e-dash.net/diary/diary.cgi

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加